九州大学大学院 病態機能内科学 第二内科 消化器研究室

  • サイトマップ
  • よくある質問
  • お問い合せ

外来患者様へ

治療について

当科にて行っている内視鏡的治療

 食道・胃・十二指腸・大腸のポリープ切除や早期の食道癌・胃癌・大腸癌の内視鏡治療を行っています。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

 従来より行なわれている食道・胃・大腸の腫瘍(腺腫および癌)の内視鏡治療であり、当科では多数の症例の豊富な治療経験を持っています。

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

 近年普及している食道・胃・大腸の腫瘍(腺腫および癌)の内視鏡的治療法です.従来法(EMR)より正確で範囲の広い病変の切除が可能となり,当科でも本法での治療例が増加しています。

内視鏡的ポリープ切除術(ポリペクトミー)

 食道・胃・大腸のポリープや早期大腸癌の切除を多数の症例で行なっています。

内視鏡的止血術

 胃、十二指腸潰瘍や大腸憩室などの消化管出血の緊急処置を行なっています。

経皮的内視鏡下胃瘻造設術(PEG)

 外科医と連携し経口摂取が困難な場合に内視鏡を用いた胃瘻造設を行なっています.手術による胃瘻造設に較べ患者様の負担の少ない方法です。

外来患者様へ

  • 病気について
  • 検査について
  • 治療について
  • 特殊検査・治療
  • 診察日・検査日案内
  • 当科における臨床研究および治験